アダルトサイトじゃありません。フェチを真面目に哲学するサイトです。

女装ワールドdeep

カテゴリー

自己女性化フェチ・自己女性化愛好症候・AG(オートガイネフィリア)

AG根源エロス。オートガイネフィリア女装子さんが強烈に記憶している「魅力的な女性・性的なシーン」は何度も脳内再生される。

オートガイネフィリアの女装子さんは、実は個人個人で、
「この女性エロい」「この女性魅力的だ」「この服装めっちゃいい」
と心の中で強烈に思った記憶を抱きながら生活しています。

実はこの「AG根源エロス」はAG女装子さんの女装モチベの根源になっているのです。
この根源エロスについていろいろと書いてみたよ!

もくじ

「うわ、エロい」と強烈に思ったシーン・女性を強烈に記憶している

うわ、なんかいい・・・
うわ、なんかエロい・・・

このように思えてしまう女性や、
名前は知らないけど覚えてる「こんな女性」みたいな、
強烈な性的な記憶というものが個人それぞれあると思います。

その時の性的な記憶というものは、強烈な記憶になっているのではないでしょうか?

これはおそらくほぼすべての男性が持っている根源的な性的な記憶「根源エロス」です。
それを根源として、それに近しい女性を見ると「いいな・・・♡」と思ってしまうの
です。

たとえば、「ショートカットの女の子が好きになってしまった記憶」が
根源エロスとして定着している人は、「ショートカットの女性」を見るだけで「お♪」となってしまったりするのです。

この根源エロスは、様々な記憶とレッテル(自分がどのように判断してどう思っているのか)によって、
複合的な「自分にとっての感情・価値観」になります。

結局、根源エロスというのは、様々な体験や感情の複雑な思考の産物であり、
個人によって本当に全く違うのです。

そして、その記憶は多くの男性は、女性という異性に対して性欲として向けられるのですが、
それが、自分自身に向いてしまう癖があるのが自己女性化愛好症=オートガイネフィリアの男性だということです。

自己女性化愛好者は「もう一人の女性としての自分」に興奮し、ハッテン中は男の自分が女の自分を見ている。

オートガイネフィリア(自己女性化愛好症候)についてはこれまでいろいろ書いてきました。 自身が女性になりきることで性的興奮 ...

続きを見る

倉庫の根源エロスが、異性である第三者に向かずに、
自分自身の中のもう1人の女性に向いてしまう「根源エロス」が
「AG根源エロス」なのです!!!!!

なので、多くのAG女装子さんはこの「AG根源エロス」がめちゃくちゃ大きなモチベーションになって
女装をしていることが多いのです。

実はこの「根源エロス」は女装だけでなく、すべてのフェティシズムにも共通して言えることで、

【極薄ストフェチ】グレーストッキングは極薄パンストフェチにはたまらない

極薄ストッキングというもは、10デニール以下の極めて薄い色のストッキングで、 黒ストッキングフェチの亜種です。 黒ストッ ...

続きを見る

たとえば、「幼少期になんかいいなぁと思っていたお姉さんがよく着ていたワンピース」という
記憶があると「ワンピースフェチ」になったりもします。

めちゃくちゃ好きだった子の匂いが強烈に残っていて、その匂いに近しい匂いがすると猛烈に
興奮したりする「匂いフェチ」の人もいたりします。

このように、フェティシズムの根源にもなるのが、「根源エロス」なのです!


【匂いフェチ】男性が嗅ぎたい・匂いたい女性の部分5選

匂いフェチの男性って意外と多いですよね。 もちろんどの部分が好きなのかは人によりますが、 中でもテッパンの5か所をご紹介 ...

続きを見る

 

私のAG根源エロス。女装衝動のモチベーション。

そんな私にもいくつかの「AG根源エロス」がありますのでご紹介してみます(・´з`・)♡
私にとっては、この根源エロスが女装モチベーションになっていたりすることもあるのです!

小学1年生のときの、ある女子のブルマーの立ち姿

私は、まず第一に小学1年生の時の体育の授業で衝撃を受けた「ブルマー」です。
「エロい!」と明確に思ったわけではないと思いますが、
ちょっと気が強めの女子が体育の時間に悪さをする男子を
「やめなさいよ」みたいに注意している時の、立ち姿が当時の私に
「あ、なんかいい・・・」という強烈な沸き立つような感覚を与えました。

その時はおそらく「ブルマーがいい」というよりも、
そのエピソード全体が「なんか、いい」だった気がしています。
そこから、私は「なぜ私はブルマーを履けないのだ?男子だからか。。。。」
と、強烈に「ブルマーを履きたい」と思うようになっていきました。

このあたりは「女装ワールド(ノンアダルト)」の「私の女装遍歴」に書いています♡

【私の女装の原点】私の女装遍歴(1)0年目編。初めてブルマーをはいたあの日。 #女装

 

小学2年生くらいの時の旅館のスタッフの女性の事務服

私の場合は、小学2年生か3年生くらいに時に行った家族旅行において、泊った旅館があったんですよ。
これかなり鮮明に記憶してるので、よほどの「AG根源記憶」なのでしょう・・・

旅館について部屋まで案lたときの女性スタッフをものすごく
「あ、いい・・・」と感じてしまっていました。
その時の服が濃紺の事務服だったのですよ・・・

私はそれから、旅館から外に外出するとき、食堂に向かうとき、
フロントの中にいるその女性を凝視していました・・・
めちゃくちゃ覚えています( ;∀;)

おそらく、ブルマー、事務服と「濃紺」だったので、
今も「紺色フェチ」なんでしょうね。。。

”濃紺色”がエロい理由。制服に多いから?なぜ紺色を身にまとう女性は魅力的に映るのか?

濃紺(ブラックネイビー)色がエロい… という「紺色フェチ」な人が存在します。 紺色がエロい… と思う人の理由はちゃんと理 ...

続きを見る

小学5年生くらいの藤原紀香さんのドラマ「ナオミ」におけるタイトスカート姿

2000年くらいに放送されていた藤原紀香さん主演の学園ドラマ「ナオミ」という
ドラマに小学5,6年生くらいに時にめちゃくちゃハマっていました。

これは藤原紀香さんが演じる「藤堂直美」という女性教師が、
学校の悪ガキどもをドンドン更生させていくみたいないわゆる「ありがちな学園ドラマ」なんですけど、
その藤堂直美がもう、めっちゃかっこいい女性なんですよ。ドSっていうのか・・・( ;∀;)

その時の藤原紀香はだいたいミニ丈のタイトスーツ姿だったんですよね・・・
その姿を「いい・・・めっちゃいい!!」と小学生ながらに思っていた記憶があります。

それが、私の中でAG根源記憶になっているのか、
女装でもスーツを着るのがめっちゃ大好きです♡

会社員時代、「美人だなぁ」と思っていた先輩社員さんの薄黒パンスト姿

小学生時代から一気に飛ぶのですが…
もう1つ私のAG根源記憶になっているの25歳くらいの会社員時代の出来事です。

私はスーツのほかにもストッキングも好きなのですが、
今は「10デニールくらいの薄い黒ストッキングが好き」なのですが、
その前までは「少し透けるくらいの40デニール~60デニールくらいが好き」でした。
それを変えるきっかけになった出来事があるのです。

それが私が会社員時代、25歳くらいのとき、入った時から
「めっちゃ美人だなぁ」と思っていた先輩社員さんがいました。

その人は普段はベージュストッキングをはいていることがほとんどだったのですが、
ある日、私が外回りからオフィスに戻ってくると、その先輩社員がなぜか薄い黒ストッキングを履いていたのです…
私はランチを社内で食べて、その後外回りに出ているので、ほんの1,2時間の間に、
その先輩の女性社員はベージュストッキング→薄い黒ストッキングに履き替えていたわけですよ。

私の脳内では、

「え・・・・なぜ・・・?ベージュストッキングを履いていたにもかかわらず、
なぜ薄い黒ストッキングを履いているのだ?なぜ・・・?なぜなの・・・・?」

という疑問がループ再生されているわけです。
もちろんそんなことを考えているとは悟られないために表面上は無表情ですよ。

そして、その薄い黒ストッキング姿の先輩社員がさらに魅力的に見えてしまい、
「あぁ、、、もうだめだ・・・」と、その日は仕事が手につかなくなってしまったということがあります。
そこから私は、「薄い黒ストッキング」が大好きになってしまったのです。。。

ストッキング脚がエロい4つの理由。なぜスト脚はこんなにも男性ストフェチを惹きつけるのか?

ストッキング(20デニール以下のタイツ)が好きな男性は結構います。 生脚派とスト脚派に明確に分かれるわけですが、 スト脚 ...

続きを見る

もちろんその日は、仕事をさっさと切り上げて、薄い黒ストッキングをはいて女装したことは
言うまでもありません。

 

AG女装子さんがハッテン行為をするとき、この根源エロスにリンクしていないと興奮しない可能性がある

なので、AG女装子さんがハッテン行為を行うとき、このAG根源エロスにリンクしているような
服や、シーン、状態で行為を行うと、性的興奮が10倍、100倍にも増幅されるのです。
この「ハッテン時の根源エロスリンク」が非常に重要なのです。

結局、AG女装子さんにとって「女装するのが目的」ではなく、
「女装をして性的興奮をするのが目的」である場合が多いので、
その「性的興奮自体の根源である根源エロス」にリンクしていないハッテン行為は、
性的興奮を増長させないどころか、全く性的興奮できない可能性もあります。

物理的なハッテン行為自体に興奮できる女装子さんはいいのですが、
どちらかというと「脳内セックス」するタイプのAG女装子さんは、
自分にとっての根源エロスにリンクしていないハッテン行為をすることはないし、
リンクしていないと性的興奮ができない人もいます。

AG女装子さんにとって「ハッテン時の根源エロスリンク」は非常に重要なのです。

もう少し具体的に言うと…

ストッキングフェチのAG女装子さんは、ストッキングを着用したままじゃないとハッテンできなかったりする

たとえば、フェティシズムの中でも割と多い「ストッキングフェチ」のAG女装子さんなんかは、
「ストッキングを着用すること」自体が性的興奮の根源エロスになっている場合があり、
そこがなくなると「女装して興奮できない」人が多かったりします。

なので、ハッテン中も「絶対にストッキングっは脱ぎたくない!!!!」という女装子さんがいたりします。
ストッキングを脱がされた瞬間に萎える…という人もいます。

女装子さんにパンスト・タイツフェチが多い理由3つ「パンストを脱がされると萎える」理由とは?

女装子さんは「女性のように綺麗な素足を出したい!」という方もいますが、 夏でも冬でも、「ストッキング(パンティストッキン ...

続きを見る

 

なので「AGスイッチ」が入ってしまう場合、根源エロスにリンクしている女性やシーンを見た場合が多い

 

なので、AG女装子さんが「女装したい!!」というAGスイッチが入る場合、
実はこの根源エロスにリンクしている女性やシーンを見た場合が多いのです。

 

私の場合だったら「薄い黒ストッキングを履いてるスーツ姿の女性」なんかを見ると、
完全に根源エロスにリンクしているので、

女装したあああああああい♡

となってしまいます。

AGスイッチについてはこちらがおすすめ!

オフィス街AGスイッチ。AG女装子さんが昼間にオフィス街に行くとその夜女装したくなる。その心理とは?

OLフェチのAG女装子さんがオフィス街でOLさんを見てしまうと 「あぁ、女装したい!」となりますが、 最近のオフィス街は ...

続きを見る

根源エロスというのは、脳内の深いところにあるので、忘れることはほぼありません。
何度も何度も何度も何度も脳内再生されることになります。

どれだけ日常の中で他のことをしていても、どんな時間を過ごしていても、
そこにリンクするような女性やシーンを見てしまうと、AGスイッチが発動してしまうのです・・・( ;∀;)

 

「キモイと思われがちな根源エロス」も犯罪さえしなければ堂々とやっていこう!

結局、根源エロスに忠実になることは時として「キモイ」「異質だ」と揶揄されることもあるかもしれません。

ここまでフラット化が進んで理解も進んでいる「女装」ですら、人によっては「キモイ」と揶揄されるのですから、
仕方がありません…それが社会です!!!
いろ~~~んな個人の集合体が社会だから!要は、いろんな価値観の集合体が価値なんだから!

それを、法律とか、倫理。常識とか「多数派論理」などによって制限してるのが社会なのですよ!
なのでそこから漏れ出る「少数派」や「非常識なこと」は排除されたり、ネガティブなレッテルを貼られたりするだけの話。

でも10年以上女装をしてきて、こんな女装の媒体をやっている私が言いますが、

そんな声は無視すりゃいい

のですよ。

そんなネガティブな声なんてなかったことにすりゃいいだけの話なんです!

「自分自身が大好き!興奮する!!」と思えることはとても人生において重要なことです。
本当に。そこを誇りましょう。そんな世の中の「キモイ」みたいな声に押しつぶされる必要性は
1ミリもありません!いいですか!あなたはあなたの人生を生きていて、そこで、
自分を抑えられないほど興奮できるものに出会った、最高じゃないですか♡

しかーーーーーーーーーーし
ただ、1つだけ、守ってほしいことがあるの。

絶対に法律は守ってね!ってこと。

中には、自分の欲望に忠実すぎて犯罪行為を犯しちゃう人がいるでしょ?
制服フェチの人が学校に忍び込んで制服を盗んだり、
匂いフェチの人が電車内で女性の匂いを嗅いだり…

女子高生・学生制服フェチの深層心理と犯罪を犯さない方法。キンコメ高橋容疑者が再犯しないための方法。

高校に侵入し女子高生の制服を盗んだとして逮捕されたお笑い芸人キングオブコメディの高橋健一容疑者。 自宅には600着以上の ...

続きを見る

こういうのは絶対ダメ!!!!!!!!

きちんと法律を守りましょうね♡

みなさんの「AGの根源エロス」は何ですか?
コメント等で教えてくださいね♡♡

本日もお読みいただきありがとうございました。

-自己女性化フェチ・自己女性化愛好症候・AG(オートガイネフィリア)

Copyright© 女装ワールドdeep , 2019 All Rights Reserved.