自己女性化愛好女装・フェティシズム・ディープな世界のコラム

女装ワールドdeep-フェチ心理を哲学するブログ-

カテゴリー

自己女性化フェチ・自己女性化愛好症候・AG(オートガイネフィリア)

女性が好き過ぎて自分も女になりたい自己女性化愛好者。こころは男性だし性対象も男性ではない理由とは? #オートガイネフィリア

更新日:

自己女性化愛好の方の大きな特徴は、自分を女性化することで性的興奮を覚えることです。
女性化という点でGIDと勘違いされやすいですが、全く異なります。
こころは男性であり、性対象も厳密には男性ではありません。
AGは基本的には女性が性対象で、女性が大好きです。
今回は、その自己女性化愛好症はどのような心理から起こっているのかを見ていきます。

自己女性化愛好症の方の性対象における男性は「手段」。基本的に「女性好き」

自己女性化愛好の特徴として、性自認は「男性」であることをあげました。
女性になることで性的興奮を覚えるけれども、自分自身が男性であることを認知しています。

大多数(マジョリティ)の男性は、性対象が女性ですが、
自己女性化愛好の方も同様に、女装をしていないとき、
すなはち男性モード(B面)である場合は性対象が女性のみである場合が多いです。

しかし、自己女性化愛好の方で女装をしていると、男性とも性行為をする方が多くいます。
しかし、自己女性化愛好の方の男性との性行為は、GIDさんやネイティブ女性(大多数の女性)の男性との性行為とは性質が異なります。

GIDさんやネイティブ女性の場合、男性を「好き」になったり、男性に性的興奮を覚え、
まさに男性を性の対象として性行為をします。要は、男性を性対象の目的とするわけです。

しかし、自己女性化愛好の方の場合、男性そのものに性的興奮を覚えているのではなく、
男性と対比された女性になった自分、自分がなりきっている女性像そのものに性的興奮を覚えているのです。

少し言い方に語弊があるかもしれませんが、自己女性化愛好症の方にとって、
性行為を行う男性は性的興奮を得るための手段に過ぎないのです。

なので、自己女性化愛好の方の性対象は、その性そのものを
目的とした性対象だけに限定すれば、
(要は、単純に性行為をするかどうかの性別の範囲ではなく、恋愛感情を抱くかどうかなどの性対象に限定すれば)、
女性のみともいえます。

場合によっては、完パスレベルの方やGIDさんなどのトランス女性も、
自己女性化愛好の方自身がその方に女性を感じれば性対象となることもあります。
自己女性化愛好の方でも、純男さんの彼氏など特定のパートナーを持つこともありますが、
それも自身が女性になっていることをより強く確認するための行為であり、関係が長続きする例はあまり聞いたことがありません。
これはGIDの方と自己女性化愛好の方の性対象男性における大きな違いです。

しかしながら、さきほども申し上げたように、自己女性化愛好の方は、
自身が女装をしていないと、あるいは女性的な気分になっていないと、男性を性対象にすることはありません。
自分が男性モードのときは、性対象は女性のみである場合が多いので、
自分が男性であり、性対象も男性であるゲイさんともまた全く違います。
ではなぜ、自己女性化愛好の方は、自身を女性化することで性的興奮を覚えるのでしょうか?

 

 

女性が好きすぎて、自身を女性化させたいという一種のフェティシズム

自己女性化愛好症の方は、「女性」に対する大きなフェティシズムを持っています。

たとえば、

・女性らしさ
・女性らしいふっくらした肉体
・女性らしい広くてきめの細かい肌
・女性の持つ独特の雰囲気
・女性のようなか弱さ
・女性らしい綺麗な髪の毛
・女性らしいしなやかなボディライン
・女性のような甘い、エロティックな香り
・女性しか着ないような服(パンストやスカート、ショーパン、タイトなジーンズ・・・・etc)

などなど、女性にまつわるもの全般に対して、大きなフェティシズムを持っています。

要は、自己女性化愛好の方は、女性が好き過ぎるのです。

マジョリティ男性であれば、女性を愛し、女性と性行為をする部分で、男性としての性欲が満たされます。
しかし、自己女性化愛好の方は、そこで満足できず、自分が好きな女性に、自分もなってみたい!と思い、
自身が実際に女性になりきることで、(女性を疑似体験することで)性的興奮を覚えるのです。

もちろん、自己女性化愛好の方は、
女性と性行為をするだけでも性的興奮を覚えますが、それだけでは満足できないのです。
女性に対する大きな趣好(女性が好き過ぎること)によって、
男性でありながら女性になりきり、性的興奮を覚えてしまうという倒錯感(背徳感)に
性的興奮を覚え、性欲を解消しているのです。

 

 

AGの好きすぎて女性になる様態は、熱狂的なロック歌手のファンがロック歌手の真似、なりきりをする様態と同じ。

いかがでしたか?

用は、AG=オートガイネフィリア=自己女性化愛好者は、
女性が好きすぎるのです。
だから、女性そのものを自分自身に投影して、性的興奮を覚えてしまうのです。

熱狂的なロック歌手のファンが、そのロック歌手そのものになりきるように、
そのいでたちや服装、しゃべり方まで真似をする場合があるでしょう?
たとえば、熱狂的長〇剛のファンの中には、「長〇そのものじゃないかw」というまでに
なりきっている方がいるじゃないですか。
それと同じです。

好きすぎるものがあれば、自分自身にそれを投影したくなる。

それがAGの場合は、「女性」あるいは「女性的な特徴」なのです。
ただそれだけのことなのです。
少し、世間と隔絶しているマイノリティなフェティシズムなので、
一見変態趣味・変態フェティシズムのように映ってしまいがちですが、
好きなものになりきって興奮する!という点では、ロック歌手のファンのそれを構造的には何も変わらないのです!!!

だから、胸張って、AGやろうぜ!!!!!

本日もお読みいただきありがとうございました。

-自己女性化フェチ・自己女性化愛好症候・AG(オートガイネフィリア)
-, ,

Copyright© 女装ワールドdeep-フェチ心理を哲学するブログ- , 2019 All Rights Reserved.